こんばんは。管理人です。今週の取引結果です。 12月2週は2勝3敗といった結果。負け越した感じになっています。それでは各取引を見ていきましょう。

12月10日 エントリー

USD/JPY

5分足チャート
1分足チャート

USD/JPYのワンシーン。
大きなレンジの中で、下降から上昇に切り替きていた中でのエントリー。

1分足の動きから売りに対するアクションはあまりよくはないが、急騰に対するアクションはしっかりと取っている。エントリー前のシーンとして、急騰、休憩、上昇、下降、上昇と来ていたこともあり、買いの力を一時的に使いにきていたことが考察できます。

売りの心理が特別良いわけではない為、高値に対するアクションを確認した上でのエントリーになっています。

ハイローオーストラリア画面

12月11日 エントリー

NZD/USD

5分足チャート
1分足チャート

NZD/USDでのワンシーン。
短期プライマリートレンドが上昇の中でのエントリー。5分足ではロングBOXの高値付近に挑戦しているシーンです。

テクニカル分析の要因はいつも通りの解析でのエントリーでありましたが、今回の敗因は経済指標です。

当日の22時半に米国で経済指標があったのですが、テクニカル分析を優先し、勝負したことが敗因です。上昇の力が一時的に強いと判断していた為、少し長めの判定にしたのですが、これが仇となってしまいましたね。

ハイローオーストラリア画面

EUR/AUD

5分足チャート
1分足チャート

EUR/AUDでのワンシーン。
直近安値に挑戦しに行く中でのエントリー。

挑戦時の力は強くスルーすべき点でもあったが、ライン付近で小さいながらにも反発したため、買いの意思もあると判断。

結果的にはこの判断が間違いであったエントリーであった。

ハイローオーストラリア画面

12月14日 エントリー

EUR/GBP

5分足チャート
1分足チャート

EUR/GBPでのワンシーン。
5分足で2番底を作って上昇転換してきた中でのワンシーン。

1分足でもしっかりと売り買いを作りながら上昇して来ていた中で、もう一段上のゾーンを見ていたのですが、揉み合いながらゆっくり下っていたので流れに沿うエントリーを考慮してエントリ。落ちるまでに時間のかかる兆候はあったが売りに動くとしっかり動くと判断できる相場ではあった。また画像ではありませんが、GBPの動きは悪くないシーンではあったが、一時的にEURが買いに動き出す結果となり、判定内では間に合わない結果となりました。

ハイローオーストラリア画面

EUR/GBP

5分足チャート
1分足チャート

シーンが変わって同じくEUR/GBP

ハイローオーストラリア画面

ハイローオーストラリアで口座開設!!

最低入金額5,000円から取引開始!今すぐ口座開設

公式サイトはこちら