バイナリーオプションではFXや株等と少し違い、自分の賭けた方向に対し成功、失敗を判定する投資です。その為、値幅による利益ではなく、単にペイアウト率と勝率の2点に掛け金を考慮したものがそのまま利益として反映されます。

つまり、ペイアウト率から損益分岐点となるパーセンテージや、勝率による資金の増え方は容易にわかります。

ハイローオーストラリアでは、スプレッド取引が2.0倍、その他の取引は2.0倍以下になるので、通常のハイロー取引やターボ取引を行う方は、実際にどこが損益分岐点になるかを理解し、有利な取引をしていく方法を考え無ければ、勝ち続けることは不可能です。

以下に各ペイアウト率における損益分岐点と掛け金による利益の期待値などを記載しますので、良ければ参考にしてください。

ペイアウト率と損益分岐点

ペイアウト率というのは、掛け金に対し成功報酬が何%であるかを示します。

ハイローオーストラリアでは基本的に高倍率とされる1.88倍や1.9倍の取引やスプレッド取引における2.0倍取引などがありますが、1.88倍の場合、掛け金に対し88%のリターン、2.0倍であれば100%のリターンであることを示します。

このように取引方法などにより、ペイアウト率が異なるバイナリーオプションでは取引方法により損益分岐点がことなります。

損益分岐点とは、簡単に言えば、利益と損失の分かれ目を示す点のことです。

バイナリーオプションは良くHIGH&LOWに例えられることがあり、一見すると2分の1というイメージがあります。

しかし、相場というのはそんなに単純ではないということはトレードやバイナリーオプションを経験したことがある方はお分かりいただけると思います。

しかもペイアウト率が2.0倍以下の取引が多い!!この点はトレーダーにとってやや不利な状況であることは最低限理解しておいた方が良いでしょう。

損益分岐点の論点からすれば、ペイアウト率が2.0倍であればフィフティー・フィフティー(50:50)が成立する点であり、

言い換えればユーザーにとって2.0倍以下は不利、2.0倍以上が有利となる点です。

ペイアウト1.88倍損益分岐表

(HIGHLOW取引ペイアウト画面)

まずは大方の勝率と利益の関係性を知る為に取引10回あたりの勝率から考慮します。
またハイローオーストラリアの最低掛け金1000円における損益額も記載しておきます。
その為、勝率は0%~100%まで10%刻みでの表示になります。
損益の計算は以下の計算式で求めます。

(勝ち数×リターン額)ー(負け数×掛け金)=損益%

※掛け金=100%
※リターン額=掛け金×ペイアウト=188%(1.88倍の場合)

ペイアウト1.88倍損益分岐表1

勝率(%) 損益(%) 10戦損益額(円)
0 -1000 -10000
10 -812 -8120
20 -624 -6240
30 -436 -4360
40 -248 -2480
50 -60 -600
60 128 1280
70 316 3160
80 504 5040
90 692 6920
100 880 8800

上記の表から損益分岐点は50%~60%の中であると言える。上記の表より50%~60%の数字を取引回数100回で考慮すれば50%~60%までの1%刻みで勝率計算できる為、以下に考慮した表を出します。

ペイアウト1.88倍損益分岐表2

勝率(%) 損益(%) 100戦損益額(円)
50 -600 -6000
51 -412 -4120
52 -224 -2240
53 -36 -360
54 152 1520
55 340 3400
56 528 5280
57 716 7160
58 90.4 9040
59 1092 10920
60 1280 12800

上記の表より、損益分岐点は53%~54%であることはわかります。つまり

100戦で考慮した際、53勝47敗まではマイナス、54勝46敗からプラスになります。

ハイローオーストラリアで利益を出していく為には?

ハイローオーストラリアで利益を出す為に必要な勝率は、HIGHLOW取引で54%以上となります。

つまり、ほぼ五分五分の状態から少し勝ちを優勢にするだけ充分です。もちろん高勝率で圧倒的に勝ち続けることが理想ですが、それにはそれ相応の努力も必要です。

しかし、まず、損をせず、かつ少額でも増やし続けるという点においては60%の勝率があれば充分ということを考えれば、あまり深く考えず

2勝1敗、3勝2敗を目標にすればいいのです。

100戦して60勝40敗で20戦勝ち越しと考えると難しく聞こえます。だからこそ現実的にわかりやすい。2勝1敗や3勝2敗を作り続ける方がいいということです。

3勝2敗を繰り返せばいずれは60勝40敗になりますので、そもそもそんな大きく考える必要がないことは冷静に考えれば誰しも把握できるはずです。

 

しかし、人は欲深い生き物です。そこに利益が絡むだけで冷静さを失う生き物。

だからこそ、利益ばかりに目を向けるのではなく、根本的な部分から

『利益を出す為に必要な勝率とその工程』

を考えてあげるといいでしょう。

初心者向けオススメの取引方法

バイナリーオプションでのオススメの取引方法➡BB&RSI

他のバイナリー向け手法一覧➡手法一覧

初心者でも視覚的にエントリーポイントが分かり、かつ損益分岐点を越える期待値のある手法になります。

それぞれの手法にメリット、デメリットが存在している為、自分に合った取引スタイルと共に上手くトレードしていくことをオススメします。

ハイローオーストラリア

ペイアウト最大2倍!!5,000円の低資金で始める!!
最低入金額が5,000円のため、おためし感覚で取引を行うことができます!ペイアウトが2倍になるスプレッドハイローや短期のターボ取引等、独自の取引ルールが提供されている海外業者です。
ポイント① ポイント② ポイント③
ペイアウト率最大2倍 最低入金額5,000円 国内銀行振込対応

ハイローオーストラリアの業者関連記事


最新記事情報


2020年9月13日
【TAKULOG流思考③】フィボナッチ比率から各値幅観測論値の条件を考える

2020年8月31日
【オリジナルインジ】四角(BOX)内の値幅と本数を表示する「TAKULOG_CPS」

2020年7月31日
【オリジナルインジ】RSIの各時間の数値が分かる!!「MTF_RSI」

2020年5月3日
【2020年GW】ゴールデンウイーク時のハイローオーストラリアの営業・入出金等に関する注意点

2020年4月9日
2020年イースター(復活祭)のハイローオーストラリア営業情報!復活祭における取引・入出金に関して

2020年3月28日
【オリジナルインジ】期間内の値幅に対しての実体幅をパーセンテージで見る「CandlePercentage」

2020年3月1日
【オリジナルインジ】通貨・時間表示インジケーター≪文字色や表示位置等変更可能≫「TAKULOG_SYMBOL」

2019年9月1日
ローソク足を消して平均足をMT4に表示させる方法!!テンプレート付

2019年8月29日
平均足とは?平均足の見方・使い方・計算式

2019年8月17日
2019年8月3週・ハイローオーストラリア・取引結果

2019年8月11日
【オリジナルインジ】前日高値・安値(最大4日)ラインインジケーター「TKLG_HL_LINE」

2019年8月10日
2019年8月2週・ハイローオーストラリア・取引結果

2019年7月27日
2019年7月4週・ハイローオーストラリア・取引結果

2019年7月25日
【MT4に追加したいインジケーター:RCI】FXやバイナリーでも有効なインジケーター

2019年7月20日
2019年7月3週・ハイローオーストラリア・取引結果

2019年7月13日
2019年7月2週・ハイローオーストラリア・取引結果

2019年7月6日
2019年7月1週・ハイローオーストラリア・取引結果

2019年6月29日
2019年6月4週・ハイローオーストラリア・取引結果

2019年6月23日
【TAKULOG流思考②】ローソク足について少し深く考えてみる。大陽線や大陰線の認識って意外と曖昧!?

2019年6月22日
2019年6月3週・ハイローオーストラリア・取引結果

2019年6月15日
2019年6月2週・ハイローオーストラリア・取引結果

2019年6月8日
2019年6月1週・ハイローオーストラリア・取引結果

2019年6月1日
2019年5月5週・ハイローオーストラリア・取引結果

2019年5月25日
2019年5月4週・ハイローオーストラリア・取引結果

2019年5月24日
【TAKULOG流思考①】値幅(N計算値)が成立する条件を理論的に考える!NはI波動の組み合わせ!?

2019年5月18日
2019年5月3週・ハイローオーストラリア・取引結果

2019年5月11日
2019年5月2週・ハイローオーストラリア・取引結果

2019年5月4日
2019年5月1週・ハイローオーストラリア・取引結果

2019年4月21日
これさえあれば複数モニターは不要!?バイナリーオプションを有利にするデスクトップアプリ!!

2019年4月20日
2019年4月3週・ハイローオーストラリア・取引結果